三河ネットテレビ

アーカイブ : 三河 タグ

三河湾シーサイドチャンネル 第19回 三谷温泉 松風園

三河湾シーサイドチャンネル 第19回 三谷温泉 松風園 はてなブックマーク数 - 三河湾シーサイドチャンネル 第19回 三谷温泉 松風園

本編 オフトーク 三河湾シーサイドチャンネル 第19回は、三谷温泉の松風園から、サービスマネージャーの歌川さんをお招きし、松風園の良さを、熱~く語っていただきました。尚、収録の様子は。三河湾シーサイドチャンネル公式ブログにてご覧いただけます。 撮影日:2016年04月10日 MC:服部あやな ゲスト:松風園 歌川鉱治さん 制作...

三河湾シーサイドチャンネル 第16回 2016年最初のご挨拶

三河湾シーサイドチャンネル 第16回 2016年最初のご挨拶 はてなブックマーク数 - 三河湾シーサイドチャンネル 第16回 2016年最初のご挨拶

三河湾シーサイドチャンネル 第16回は、三河湾シーサイドチャンネルスタッフが、挨拶を兼ねて本年の抱負を語ります。ちなみにこの日は、ゲストがいなかったのと準備が順調にできたので、スタッフ全員で西浦の隠れた名店『みついと』に行ってきました。ここのおでんと、三河湾で獲れた地魚が最高においしいのです。ただし、謙二さんだけは、お肉食べて...

三河湾ほっと情報局 2015年3月29日版

三河湾ほっと情報局 2015年3月29日版 はてなブックマーク数 - 三河湾ほっと情報局 2015年3月29日版

新バージョン 比べて下さい!!後半が前バージョンと異なります 4/3公開 旧バージョン 3/31公開 第8回目のオープニングトークですが、今回からその時期のホットな話題を提供する場合は『三河湾ほっと情報局』とタイトルを付けて番組形式でお送りすることにいたしました。今後とも直近のホットな話題を提供していきますので宜しくお願いいた...

三河湾シーサイドチャンネル 第6回 西浦温泉 富士見荘

三河湾シーサイドチャンネル 第6回 西浦温泉 富士見荘 はてなブックマーク数 - 三河湾シーサイドチャンネル 第6回 西浦温泉 富士見荘

第6回目の放送は、西浦温泉 『富士見荘』 若旦那の伊藤 剛さん(26歳)をゲストに迎え、富士見荘の魅力と西浦のお勧めスポットについて語ってもらいました。尚、当日の撮影の様子は、三河湾シーサイドチャンネル公式ブログでご覧いただけます。尚、今回は、この番組を見て予約を入れた方に、ある特典が付くことになりました。是非番組を最後までご...

西浦鮮魚マーケット

西浦鮮魚マーケット はてなブックマーク数 - 西浦鮮魚マーケット

蒲郡市西浦町の魚市場のすぐ隣に、9件のお店が鮮魚や加工品を販売する西浦鮮魚マーケットがあります。ここでは、主に地元で取れた新鮮な魚が売られています。地元のものがメインなので、種類は少なめですが、鮮度は抜群ですし、お値段もかなりお手ごろです。そんなこともあり、朝5:00前から、多くの方が鮮魚を買いに来ています。取材日:2011年...

我が唄よ届け花祭の里へ

我が唄よ届け花祭の里へ はてなブックマーク数 - 我が唄よ届け花祭の里へ

国の重要無形民俗文化財『花祭』の開催地である、愛知県北設楽郡東栄町振草小林の敬老会に、豊橋のミュージシャン達が呼ばれた。ミュージシャンらの名前は風流院。風流院は、昨年度創った花祭の唄『舞庭恋唄』を東栄町で初めて披露することになった。その様子をドキュメンタリー風に編集しました 取材日:2014年09月14日 撮影・編集:こちら三...

刈谷万燈祭 新楽

刈谷万燈祭 新楽 はてなブックマーク数 - 刈谷万燈祭 新楽

万燈とは、高さ約5m、重さ60Kgの竹と和紙で作られた張子人形のことで、刈谷万燈祭では、これを若衆が一人で担ぎ、舞い踊ります。この祭の期限は、宝暦6年(1756年)に建立された秋葉堂(現在の秋葉社)の祭礼で、古文書のによると、安永7年(1778年)の祭礼に笛や太鼓にあわせて万燈が登場したとされています。それが、昭和の初期頃から...

岡崎まぜめんラップ ~混ざり合いは、正に愛~

岡崎まぜめんラップ ~混ざり合いは、正に愛~ はてなブックマーク数 - 岡崎まぜめんラップ ~混ざり合いは、正に愛~

グレート家康公の力により岡崎魂を燃え上がらせたオカザえもんが、ひょとしたヒントから、岡崎が生んだ新ジャンル、岡崎まぜめんとRAPをコラボさせました。そこに、この曲を歌うCODE-G、グレート家康公「葵」武将隊、勝手に観光大使 岡崎miso娘、味噌崎城、T.C Sprautが加わり、皆で岡崎まぜめんと岡崎市を盛り上げます。 地元...

三河空中散歩 四谷の千枚田編

三河空中散歩 四谷の千枚田編 はてなブックマーク数 - 三河空中散歩 四谷の千枚田編

新城市の四谷にある千枚田は、かって大きな災害により壊滅いたしました。その棚田を、生き残った人達と近隣の人達が、機械も使わずたった5年でこのような美しい棚田を蘇らせたのです。その後、効率の悪い棚田での耕作をやめる人達も出てきましたが、農業労働力の確保と農業振興及び地域の活性化を図るために保存会が結成され、今に至っています。 取材...

愛知県三河地方の魅力を映像で紹介

http://mikawanet.tv

Produced by Mikawa InternetTV Community

è